コージーによる新しいアンビエントが2曲、オーストラリアのサヤン・ミュージックより発売されたコンピレーション’アンビエント・コレクションVol.2 ' に収録されて発売になりました。1曲はコージーとヒデヨ・ブラックムーンが共同プロデュースしたアジア感漂う’グリーン・ドロップ’、そしてゼン・レモネードによる' Kodama 'です。他に参加したアーティストもJames Monro, Gnome & Spybey, Blue Planet Corporation, Masaru Higasa, Manmademan, Robert Rich と豪華な顔ぶれになっています。まずバンドキャンプでの先行発売で28日にはビートポートやアイチューンなどでも発売開始になります。チューンインして漂ってみてね!

トラックはこちらでお求めになれます。

 

Bandcamp: http://cyan-music.bandcamp.com/album/ambient-selections-vol-2

 

 

ゼンレモの2014年度はこのダンス・シングルでスタート!ポルトガルの名門レーベル、フロー・レコードよりディープなプログレッシブ・トランス・チューン’アディクション’が発売になりました!太いベースラインとじわじわアゲていくビルドアップ、そしてそこかしこに散りばめられたサイケデリックなスパイスと新しいゼンレモの魅力が満載です!オリジナルの他、伝説のレーベルフライングライノの主宰および看板DJであったJames Monro, テクノ界の人気リミキサーAndrew Bertoni, 新進気鋭の若手Manu Ferrantini らによる秀逸なリミックスも収録されているので是非チェック!

トラックはこちらでお求めになれます。

 

Beatport : http://www.beatport.com/release/addiction/1233802

 

 

伝説のフライングライノレコードの看板プロデューサーとして90年代のUKサイケデリック・トランス・シーンを牽引してきたガス・ティルと日本人女性プロデューサーSupercoziによるユニット、ゼン・レモネード。イギリスのロンドンで2000年に結成され、すぐに作られたデモを聞いたドラゴンフライ・レコードの主宰でありUKサイケデリック・トランス・シーンのパイオニアであったユースから熱烈なアルバムリリースのオファーを受け、2002年にリリースされたファーストシングル’プッシーガロア’は、ジョン’007’フレミングなどの大物DJから’今シーズンのベストEP'と絶賛され各国のクラブでヘヴィープレイされた。続いて2002年初夏にリリースされたアルバム’レモン・ソウル’は、その時代を先取りしたかのようなサイケデリックとプログレッシブを融合させた独自のトランス・サウンドで世界中のトランスコミュニティーから絶賛を浴び、それ以来彼らは世界中のフェスティバルやパーティーでライブそしてDJアクトとしてプレイし続けてきた。

2009年にギリシャのエレクトロニック・サウンドスケープからチルアウトアルバム’バビロンドン’をドロップしたものの、ダンストラックは’レモン・ソウル’以来リリースしていなかった彼らだが、なんと11年ぶりとなるダンス・シングル’モーフィング・ジャック’が遂にリリースされた。ゼンレモの持ち味であったゴア・トランスとプログレッシブを融合させたサイケデリックなグルーブ感に加え、テクノの持つソリッドさも融合させた新たなゼンレモネード・サウンドは、まさにアップグレードしたゼンレモ・サウンドといえるだろう。オリジナルの他、トライバル・リミックスとガスによるBUSサイトランス・リミックスが収録されている。またこれに続き’レモン・ソウル’以来11年ぶり2枚目となるダンスアルバムも完成間近だという。急ぐことなく、独自のペースで確実に自分たちのサイケデリック・サウンドを探求しつづけるゼンレモネードのさらなる進化と活躍に期待していてほしい。

リリースに伴い、国内外の著名プロデューサーやDJからのポジティブなフィードバックが続々と寄せられているので一部を紹介。

Antix & Floid - ワオ、スーパーなトラック!オールドスクールな味わいと斬新なテクノロジーとの絶妙な融合だ!素晴らしい仕事だと思う。 Guys, Love it !

DJ Pena ( Flow Records ) - オールドスクールのサイ・ヴァイブをビシビシ感じる!ゼン・レモネードがシーンに帰ってきて嬉しいよ!

DJ Yuta ( Matsuri Digital ) - 11年ぶりのダンストラックは期待通りの作品でした。GusとCoziが織りなすキックとベースは今のシー ンが忘れかけている古き良き時代のサウンドで、そこに今のテクノロジーからなるメロディが渋く絡み合う素晴らしい作品に仕上がっていて、待ち望んでいた多 くのファンも納得の太鼓判!9月の日本公演でも新作含めたライブが大好評だったので、早く日本のファンの皆の手元に届くのが楽しみです。

トラックはこちらでお求めになれます。

 

Beatport : http://www.beatport.com/release/morphing-jack/1180153

itunes : https://itunes.apple.com/jp/album/morphing-jack-single/id722015338

Juno : http://www.junodownload.com/products/zen-lemonade-morphing-jack/2315006-02/

Techno: http://www.techno.to/item.php?id=D-HEEP02

 

 

 

フランス発サイチル系のサイト、サイビエント・オルグにコージーのインタビューが掲載されました。今年4月にデンマークの人気レーベル、イボガ・レコードよりリリースしたサイチル・コンピレーション’ミュータントライブ’の監修プロセスなど、ダウンテンポ音楽ファンにとって興味深い話しが満載です。

 

日本語訳はこちらでお読みになれます。

 

http://www.supercozi.com/jp/index.php/bio/interviews/79-features/180-flyers-and-interviews-oct

 

 

あいにく台風に見舞われてしまったフェスでしたが、暴風雨と雨のなかで音が止まるまで踊りつづけたダンサーのパッションは凄かった!自然のなかで素晴らしいクルーとクラウド達と90年代ゴア・サウンドにどっぷり浸れた貴重な時間でした。フリースタイルのDJセットも楽しかったし、東京でのアフターパーティーでのゼン・レモネードのダンス・ライブ・セットも最高でした!マンダラヴィジョンのクルー、本当にありがとう!

このフェスで私がプレイした3時間のサイケデリック・チルアウトDJセットをこちらで聴くことができます。

 

セット前半:http://www.mixcloud.com/Supercozi/supercozi-mandalavision-festival-dj-mix-1/

セット後半:http://www.mixcloud.com/Supercozi/supercozi-mandalavision-festival-dj-set-2/

 

  


 

Page 5 of 13